相沢友子 原作クラッシャー (2)

1月30日、「セクシー田中さん」の作者が自〇した報道を受け、原作クラッシャー・相沢友子への批判が高まっている。





基本、仕事の依頼が来なければ脚本は書けないが、日テレのコメントもまるで被害者へのリスペクトは感じられず、脚本家側に立ったものだった。相沢友子は原作者が亡くなったと報じられてすぐにインスタ非公開。 原作者へのコメントすらなく、 亡くなるまでは嫌味ったらしい投稿もそのままで。ここまでの事になっても原作者への配慮ひとつない。




今回は、セクシー田中さんの作者と原作クラッシャー・相沢友子との騒動について、5ch情報をまとめてみた。




■目次

「セクシー田中さん」の芦原妃名子が自〇
原作クラッシャー相沢友子
相沢友子の原作クラッシャーは悪くない?

「セクシー田中さん」の芦原妃名子が自〇






記事内容


昨年10月期放送の日本テレビ系連続ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家、芦原妃名子(本名・松本律子)さんが29日、栃木県内で死亡しているのが見つかったことが捜査関係者への取材で分かった。



芦原さんはドラマの内容をめぐってトラブルがあったことを26日にSNSで告白。波紋を広げたことで28日に全文を削除していた。 芦原さんが日テレ側とドラマの脚本をめぐってトラブルがあったことを告白し、ネット上で物議を醸した騒動が最悪の結末を迎えてしまった。


中略


芦原さんは現在、月刊漫画誌「姉系プチコミック」(小学館)で「セクシー田中さん」を連載しており、累計部数100万部を突破する大ヒットを記録。女優、木南晴夏(38)の主演で同局が昨年10月期に連ドラ化した。

読売新聞



目次にもどる

原作クラッシャー相沢友子




相沢友子 原作クラッシャー (1)



今回の騒動のきっかけは、原作者である芦原妃名子と日テレのドラマが原作の内容を大きく変更したこと。



芦原妃名子は、「セクシー田中さん」をドラマ化する際、製作する脚本家・相沢友子との間で意見の対立があった。当初、ドラマ化する際に「原作を忠実に再現」することを条件に依頼を受け、芦原妃名子自身があらすじからセリフまで用意することなど、いくつかの条件を出していた。




削除してしまった投稿はSNSでも拡散されているが、 相違点というか、最初のドラマ化の話において 「原作を改変しない」、「登場人物のキャラを変えない」などの原作者は伝えており、制作会社もその契約の元、ドラマ化の承諾を得た。



それなのに出来上がってきた脚本は改変されており、脚本を手直しすることになるプロデューサーに小学館を通して「改変しないという約束を守って欲しい」と伝えるが毎回、改変された脚本が上がってくるため、そのたびに原作者が修正 「改変しない脚本家に変えて欲しい」と訴えていた。



ドラマの脚本は相沢友子が担当していたのに、9話と10話は原作者に丸投げ。

脚本を書いたこともない原作者は、漫画の締め切りもあるのに脚本を制作するも、漫画連載中のために両立が難しく、ストーリーのラストがハッキリしないような感じになったことで、視聴者が脚本家に「面白くない」「つまらない」などの批判が集まった。



その批判に相沢友子が「自分が書いたのは1~8話まで、9と10話は原作者が書いてるので関係ない」というような事をインスタで投稿。その投稿を見て、原作者がツイッター(Xにて)で状況を書き込むことになった。




なので、最初から原作を改変していた相沢友子への批判が集まっている。





目次にもどる

相沢友子の原作クラッシャーは悪くない?



相沢友子 原作クラッシャー (3)



この原作クラッシャーと揶揄されている相沢友子ではあるが、この問題はセクシー田中さんだけのことではない。



まず、原作を勝手に改変してドラマやアニメ化することに何の法的な問題はない。



一般論としては、民事訴訟を起こすことは可能。

しかし、そのためには「損害が発生していること」の証明が必要。また、その損害が相手方の違法な行為によって引き起こされたこと、そして相手方に過失または故意があったこと、これらを証明する必要となる。




いままで原作を改変されても訴訟問題に発展したケースはない。


5chでは、脚本家に批判が集まっているが、脚本家も仕事として頼まれてやってるだけだし、それで否定されたら腹が立つのも納得はできる。ドラマの脚本する相沢友子も、原作と差別化を図ろうという考えもあったのかもしれない。



ただ、作品を勝手にしかも事前に作品に忠実にと合意したはずが変えられてしまった原作者の方の失望は大きく、裏切られたと考えるのは当たり前。しかも寝ずに急遽脚本を直し、その上責められて、締め切りギリギリだったので精神的に限界が来てしまった。




相澤友子が原作の主人公に恋愛要素を絡める理由については、ドラマ化するためにキャラクターを魅力的に変化させ、テーマを分かりやすくするためと考えられる。しかし、この手法は必ずしも好意的に受け入れられているわけではない。なので、原作とドラマの内容が違いすぎて、一部の原作ファンからは原作クラッシャーと呼ばれる。



だが、相澤友子は多くのヒット作を生み出しており、その作品たちは多くの視聴者から支持を受けている。そのため、全ての原作ファンが不満を持っているわけではない。また、ドラマと原作は異なるメディアであり、それぞれが持つ表現の自由と視聴者の期待との間で、微妙なバランスを保つ必要。これは、ドラマ制作における一般的な課題であり、相澤友子だけでなく、他の脚本家も同様の問題といえるだろう。



芦原妃名子さんの件については、事実関係や証拠が明らかになるまで、何が起こったのか、誰が責任を負うべきなのかを断定することは難しい。軽率に相沢友子を批判することは不幸の連鎖を生むだけと自覚しないといけない。








スポンサーサイト