スタバ福袋中身 2024 (1)


11月27日、スターバックスの福袋の当選番号が発表され、その中身が5chで話題になっている。




スターバックス2024福袋の中身は、グッズ、ドリンクチケット、コーヒー豆引き換えカード、タンブラー、 コーヒー豆など。どうしても限定商品が欲しいとかじゃなければ、特別お得でも無い。それより、スタバで1500円チケット買うと500円プレゼントのほうがお得。



しかも福袋の金額は8000円なのに、本当に当選に落選する人はいるのか?




今回は、スタバ福袋2024の中身について、5ch情報をまとめてみた。



■目次

スタバ福袋2024の当選メール
スタバ福袋の中身2024
蛸焼依屋文左衛門事件の犯人の今後

スタバ福袋2024の当選メール



スタバ福袋中身 2024 (3)


11月27日、毎年恒例となったスターバックスの福袋の当選者が発表された。



当選メールは、11月27日(月)11時〜17時頃に、「My Starbucks」に登録済みのメールアドレスやアプリに送信される。 落選した場合、メールは配信されないので、17時までにメールが来ていないのなら、落選したということになる。





決済期限2023年12月4日までに購入されなかった当選無効分については、繰り上げ抽選が行われるので、落選しても購入できるチャンスは残っている。





目次にもどる

スタバ福袋の中身2024







今回のスタバ福袋2024の中身は、ステンレスボトル、グッズ、コーヒー、ドリンクチケット、その他アイテムなど。


価格は、8000円(税込・送料無料)で、ボトルの持ち運びにも便利なサイドポケットが付いた柔らかな起毛素材のトートバッグに、福袋限定ステンレスボトルが人気となっている。









目次にもどる

スタバ福袋は落選しない?




スタバ福袋中身 2024 (2)



スタバ福袋は、落選しても購入できる店舗があるので、当選メールが必要なのか、と5chで話題になっている。




まず、いくら人気の福袋といっても、中身がわからない福袋を欲しがる必要がない。

買い物なんて必要だから買うもの。 中身が何かわからないので、要らないものが入っていたら、転売ということになる。



つまり、本来の売値より高くても買う人がいるということ。



スタバの福袋がなぜ抽選システムになったのか?というと、この転売対策。
スタバ福袋の中身については、各店舗の従業員はノータッチなので、本社からの指示のもと発注された業者が詰めている。なので、本社の担当部署の方のセンスで内容が違ってくる。


また、抽選システムをとることで、転売ヤーの買い占めを防止できるし、落選した人でも店舗で店頭販売を購入できるケースもある。



結果的に転売ヤーからのターゲットにされることがなくなり、本当にスタバの福袋が欲しい人だけが購入できる。もちろん、気に入らなかったものは転売されてしまうが、それは個々の問題なので、それほど問題とならない。





スタバ福袋の件に限らず、プロ野球日本シリーズのチケットの買占め、ジブリのチケット買占め、震災の時の水や食料の買占など希少価値が高まったものはほぼ全てが転売に回されてしまうし、顔も見えず匿名でも取引ができてしまう。



なので、スタバは購入制限を設ける方法として、抽選システムを導入した。



買い占めて転売という行為は反感が生まれる。

他人の事を思いやれない非常識、営利目的で自分(達)の事しか考えていない、そういうところが非難されている。もちろん店側の対応も非難されてしまうので、スタバの福袋が抽選システムになったことは仕方がないのかもしれない。





















スポンサーサイト