デカ盛りハンターやらせ死亡 (1)
11月26日放送、テレビ東京「デカ盛りハンター」







大食いの賞金だけで100万円を稼ぐ「デカ盛りハンター」第3弾が今夜放送。


今回は、日本最高峰の爆食ファイター4人が行列回転寿司で100皿超バトル。今大人気の行列店「回し寿司 活」で大食いファイターが2vs2のタッグマッチ。




デカ盛りハンターは、レギュラー化されていた番組だったが、2023年10月1日をもってレギュラー放送が終了。人気番組だったので特番として復活したが、殆どが成功(完食)している中、失敗している回もあり、やらせ疑惑も多くあった。



今回は、デカ盛りハンターのやらせ疑惑、打ち切り理由について5ch情報をまとめてみた。



■目次

デカ盛りハンターとは
デカ盛りハンターやらせ
デカ盛りハンター打ち切り理由は死亡事故?シーインsheinトコジラミ大丈夫

デカ盛りハンターとは






『デカ盛りハンター』(デカもりハンター)は、2020年4月3日から2023年10月1日までテレビ東京系列ほかでレギュラー放送されていた、デカ盛りと早食い・大食いをテーマとしたバラエティ番組。





同じテレビ東京系の『元祖!大食い王決定戦→大食い王(女王)決定戦』で活躍するフードファイター(デカ盛りハンター)たちが、日本全国各地に存在する「デカ盛り」を扱う店に出向いて完食者がゼロのチャレンジメニューに挑戦したり、レストランなどで制限時間内にどれだけ多くの量を食べることができるかにチャレンジする企画がメインの番組。2023年10月1日をもって当番組のレギュラー放送が終了。



参照wiki





目次にもどる

デカ盛りハンターやらせ




デカ盛りハンターやらせ死亡 (2)




デカ盛りハンターは、大食いバトルがメインなので、視聴率も高い人気番組だった。



しかし、2021年8月24日に放送されたデカ盛りハンターで、やらせ疑惑が指摘され、炎上したことがある。



この日の放送内容は、 「大食いドリームマッチ」という企画。
出演者の中に、大食いで現役アイドルである「もえあず」が出場した「女性ハンター軍」と、アメリカンフットボールチーム「イコールワン福岡SUNS」の選手たちが対決した。




「女性ハンター軍」の出場者であったAKB48の横山由依は、約300グラムの俵型ハンバーグと手ごねハンバーグを完食。ほかにも対決メニューではないポテトも間食し、対戦相手のアメフト選手に2キロ以上の差をつけられて圧勝した。



AKB48の横山は、女性アイドルとしては大食いとして有名らしいので、勝ってしまうこともあり得る。だが、その後のアメフトチームのメンバーで、元ブリリアンのコージ・トクダが「わざと負けた」ような食べ方がやらせを疑う結果となった。





トクダは最初、大好物の激辛メニューを食べるなど順調だったのに、途中から苦手と公言していた甘いものサイドメニューのチョコレートパフェやアイスを食べ始めた。 番組内でコージは甘いものと辛い物を相殺させていると説明はしていたが、結果的に対戦相手のもえあずに猛烈に追い上げてしまった。





もえあずは確かに大食いアイドルとして有名だが「早食い」ではない。


なので、もえあずに追いつかれるという展開を調整し、アイスをたくさん食べていたのではないか?と5chでやらせを疑う声が多く上がった。



トクダのこの判断ミスが災いし、結果はアメフト軍団は8225グラム、女性ハンター軍は8557グラムと接戦の末、敗北。横山以降、劣勢だった女性ハンター軍が逆転勝利した。この違和感に5chではやらせと炎上。調整が露骨すぎるやらせ演出に批判殺到したのが影響したのか、その後の対決では、完食できそうもないときはリタイアするというルールが追加された。





目次にもどる

デカ盛りハンター打ち切り理由は死亡事故?



デカ盛りハンターやらせ死亡



ネットで検索すると、「デカ盛りハンター 死亡」という検索サジェストが出現する。



結論から言うと、デカ盛りハンターで死亡事故が起きたというニュースはなかった。


しかし、デカ盛りハンターに出演していた大食いタレントの高橋ちなりが、大食いが原因で2023年7月21日に死亡していたことが報じられている。この死亡事故が原因で、デカ盛りハンターが打ち切りになったのではないか?というネット情報が「デカ盛りハンター 死亡」と検索サジェストが出現した原因だと思われる。




高橋ちなりは、2022年に拒食症やアルコール中毒などで入院。

死因については公表されていないが「ガンマGTP2700」だったそうなので、大食いが大きく関係していることがわかる。ガンマとはγと書き、ギリシャ文字。γ-GTPは肝機能の指標になるタンパク質分解酵素の数値で、男性が50以下、女性で30以下が正常値。



アルコールが原因で500以上になる場合は、よほどの大量の飲酒、あるいは急性アルコール中毒といったきわめて危険な状態にあったはず。





以前、中居正広の番組の企画で大食いした後のフードファイターの血糖値を調べる企画があった。 その結果、大食いをした後でも血糖値が殆ど変化しなかった事が判明した。


つまり小腸を通過するスピードが速いとか糖質を吸収する代謝に何等かの異常(例えば糖質のα結合を分解できない等)がある為、糖質が吸収されず、その結果血糖値が上昇せず、インスリンが分泌されない為に中性脂肪が合成されずに太らない、というわけ。



中性脂肪の合成は糖質の摂取でインスリンが分泌される事で殆どが起こるので、彼らの体は自動的に超糖質制限をしている状態と同じ。 大食いしても太らないフードファイターが、太らないどころかむしろ痩せ型になるのはこのせい。



小腸を通過するスピードが速いのは他に何らかの理由があるかもしれないが、大食いが大きく関係していることは間違いない。





まとめると、デカ盛りハンターの番組で亡くなったのではなく、出場していた大食いタレントが死亡したことで、レギュラー番組としては打ち切りにし、特番だけにしたというのが打ち切り理由の一つ。



デカ盛りハンターは、一応誰でも参加できる素人参加型番組という形態だったので、
序盤戦だと「大食いチャレンジするの初めて」みたいな人も出ていたし、それに「真似しないでください」とテロップを出すだけでは、単なる責任逃れの言い訳にしかすぎない。



デカ盛りハンターは、大食い番組の視聴者参加型番組が相次いで低迷する中で、実績が上がっている数少ない番組だった。また、一般視聴者を参加させるとギャラが発生しないこと、食べ物が低コストで調達できるので非常に制作費が安く上がる。


エンターテイメントとしては大食いを見ると、危険がないようにやらせ演出をするのも仕方がないのかもしれない。





スポンサーサイト