爆サイ消えた理由や見えない閉鎖 (1)
11月1日、地域掲示板「爆サイ 」がGoogleから消えたと5chで話題になっている。




結論から言うと、Googleから消えたわけではなく、Googleのアルゴリズムが変更されただけ。なので、検索結果の設定を変更することで改善できる。




今回は、爆サイが消えた理由や見えない改善方法についてまとめてみた。


■目次

爆サイが消えた理由
爆サイが見えない改善方法
爆サイが見れない?

爆サイが消えた理由



爆サイ消えた理由や見えない閉鎖 (2)



11月30日、地域掲示板「爆サイ」がGoogleの検索結果から消えたとSNSで話題になった。


その原因は、11月に行われたGoogleのアルゴリズムのアップデート。


Googleは日々200以上の項目を常にアップデートをしている。
一番重要なのは「訪問者が誰かに伝えたくなる」「再訪したくなる」ようなサイトを作れば自然と上位に上がってくるように、googleは心がけている。SNSからのアクセスはどのくらいなのかなどペナルティに関して、アルゴリズムのアップデートを行っている。


2023年11月に大規模なGoogleのアルゴリズムのアップデートが行われたため、利便性が高い掲示板であっても検索結果から除外される結果となってしまった。




目次にもどる

爆サイが見えない改善方法







2023年11月に行われたGoogleアルゴリズムのアップデートで、爆サイを含む、一部のサイトが検索除外される結果となった。




これは、Googleのアルゴリズムが変更されたのが原因であり、改善方法はGoogleの
検索結果の画面右上にある歯車アイコンから、その他の設定→アカウントに基づく情報、設定をオンからオフに変更すれば、元に戻る。




検索順位の変動は毎日、毎時間行われている。
大規模アップデート以外でも順位が下がったり、検索から除外されることはある。それが理由で順位の変動が起きるというのもよくあるので、Googleからペナルティーを受けたと勘違いしている人が多いが、今回の原因はGoogleの仕様が変更になっただけ。






目次にもどる

爆サイが見れない?


爆サイ消えた理由や見えない閉鎖 (1)




爆サイが検索結果から除外される前に、大規模な障害が発生している。

爆サイにアクセスすると「このサイトにアクセスできませんbakusai.com にタイプミスがないか確認してください。」というエラーが表示されていた。




この原因は、爆サイのサーバーに大規模なddos攻撃があったことで、サーバーダウンしてしまったようだが、この障害が改善された後にGoogleから検索除外されたことで、なにか関係しているのでは?という見方がされている。



爆サイというか、あちこちでddos攻撃が起きている。

原因はお隣の国で大型連休が始まったから。爆サイや5ちゃんねるも丁度その連休に合わせて始まっているため、サーバーダウンで見れない状態が続いていた。



この問題は、シンプルだからこと対処しづらく、そして、数の暴力で対応が難しい。




DoS攻撃とは要するにF5(リロード)連打個人でもできるもの。
これまでは、その人だけブロックすれば良かったので、対処できた。しかし、複数人でのF5連打は「誰が正常なアクセスかがわかりにくい」ので、対策しづらい。これは、炎上によるアクセス過多によるのと同じ。



複数人がそんなF5連打してるの?と疑問に思うかもしれないが、そうではなく、多くはパソコンから自動ツールを使用している。悪意ある人たちだけではなく、たんに乗っ取られているパソコンが変わりにやっているかもしれないし、正常なアクセスかもしれないので、すぐに対処が難しい。



攻撃者のデータを取って怪しい挙動をするアクセスは一時ブロックしたり、キャッシュサーバを一枚挟んでそこで対策するとか、一時的に特定の国をブロック。通信が送る段階で制御できないのなら、原理的には、DDoS攻撃を完全に防ぐのは無理。



ちなみに、現在は改善されているが、その理由はお隣の国の大型連休が終わったから。


爆サイは現在、正常に閲覧、書き込みできているが、こういった掲示板は攻撃の対象になりやすいのかもしれない。


スポンサーサイト